介護の食卓をおいしく楽しく!クリニコの商品ラインナップを紹介

HOME » 介護の食事にまつわるエトセトラ » 誤嚥とは?

誤嚥とは?

お年寄りによくある誤嚥とは?リサーチしているページです。

嚥下障害・誤嚥とは何か

加齢に伴い、食べ物をうまく飲み込めなくなることを「嚥下障害」と言います。

嚥下とは、食べ物や水分を口から咽頭・食道・胃へと送り込むことですが、この一連の動作に支障が起こると、嚥下障害に繋がります。

原因には、脳卒中や神経系の疾患で筋肉に障害が起こった場合や、唾液量の減少、全身機能の衰えなどがあります。飲み込みにくい場合はムリをせず、飲み込みやすいように食事を工夫していく必要があります。

介護食イメージ誤嚥とは、食道から胃へ入るべきものが、何らかの原因で気管内に入ってしまうこと。

通常、気管内に物が入ると咳などの反射で異物を外へ出そうとしますが、加齢や脳卒中などで身体機能の低下や麻痺などがあると、反射がうまく起こらなくなり、誤嚥しやすくなります。

誤嚥は食物だけでなく、唾液や胃液などでも起こるので注意が必要です。また、誤嚥したものに含まれる細菌が肺に入ると炎症が起こり、誤嚥性肺炎を引き起こす可能性も。高齢者の場合は重症になることもあるので、特に気をつけたいものです。

【誤嚥しやすい食材】
  • さらさらした水分…水、お茶、ジュース、汁物など
  • 口内でばらける、パサつくもの…ゆで卵、そぼろ、焼き魚、焼きイモ、豆類など
  • 粘り気があり、咀嚼が必要なもの…こんにゃく、海苔、かまぼこ、餅など
  • 繊維の多い野菜/果物…りんご、ゴボウなど

これらの食材は柔らかくし、すぐに喉に入ってしまわないよう、適度なとろみをつけておくと良いようです。

誤嚥の防止策

誤嚥を防ぐには、嚥下障害の症状を見極め、それに応じた食事への配慮が必要となります。一般的に、誤嚥を防ぐ食事の特徴は以下の通りです。

  • 食材を小さくカットするなどし、ひと口の量を減らす
  • 料理にトロミをつけたり、半固形のものを選ぶ
  • 食事の味つけや温度をやや強めにする
  • 何かをしながらの食事を避け、集中する

咀嚼力が低下している高齢者に提供するのは、口の中でバラけずまとまりやすいもの、つるりと喉越しがいいもの、ベタベタしないものが◎。

サラサラした水分は片栗粉やとろみ調整剤を使ってとろみをつけたり、バラけやすい食材はゼラチンや固形化補助粉末でまとめるようにします。卵豆腐や茶わん蒸し、ゼリー、おかゆなどは食べやすいようです。

ただ、片栗粉やゼラチンだと固さの調整がやや難しいため、市販のとろみ調整剤や固形化補助粉末を使うと良いでしょう。味や見た目も通常の食品と変わらない、おいしい介護食を手軽に作ることができます。

おいしい介護食づくりをサポートするクリニコの情報をチェック!

 
とてもおすすめ!お年寄りの食生活を彩るクリニコ